BLOG

営業が教える!エクセル作業を楽にする方法Vol.1

—繰り返し作業/不要素消去を1アクションで済ませる方法—

「この入力面倒くさい……」
「もっと楽に処理できないの?」

人を楽にさせるために作られたコンピュータなのに、
入力処理で苦労して時間を浪費するこの矛盾、
ちょっとの工夫で解消できます。

もっぱらエクセルを多用している営業の私がお教えする小技です。
以下にちょっとご紹介します。

1:繰り返す作業を楽にする方法

例えば、同じデータを複数箇所に貼り付ける際に、

・右クリックで「貼り付け」を選ぶ
 ないしは、
・CTL + Vで貼り付け

というケース多いですね。

解決

同じ動作の繰り返しならば、
「F4」キー一つで済みます。
動作の手数、時間が減ります。

これは、エクセルだけでなく、ワードでも可能な処理です。

2:数字と文字が混在したセルの、不必要なデータのみを「まとめて」削除する方法

たとえば、数字と文字データが入っているセル内の、数字の合計を出したい時。
こんな感じでしょうか。

excel_1

合計を出すためには、
セル内の“円”が邪魔ですね。
どうやって“円”を消しましょう?

一つ一つセルを選択して“円”を消去してゆくのも面倒ですし、
この表より多いデータ量でもそんな処理をしていたら、時間が途方も無くかかりますよね。

解決

”円”を消したいセルを選択して、
ホーム
⇒「検索と選択」をクリック

excel_2

⇒検索する文字列に“円”を入力、置き換えする文字列は空欄のまま
つまり、“円”を空欄に置き換えると指示するわけです!

excel_3

こうすれば、
一発で文字データは消去されます!

excel_4

あとは範囲を指定して合計を出すだけです。

ひと工夫で作業は楽になります

如何でしたでしょうか?
ほんのひと工夫するだけで、
これまで大変だった入力業務の時間が軽減できます。
ご参考下さい。

次回も、知って得するエクセルの手間削減情報を配信する予定です。
ご期待下さい。

日常の中のデザインから学べること。

私たちの身の周りにはいつもデザインがあります。
心地いいものがどれだけデザインに委ねられているものかを
少し気にして見ていきたいと思います。

分析などもしていければ、より面白くなりますね!

うちの縁側です〜

古民家再生ということで、築100年超の建造を今年4月に1年半がかりで完成させました。当然、建て売りではありませんので、ほぼ全てが設計士、大工さんと打ち合せしながら作っていきました。
その中でも特に気に入っているのが縁側です。
そもそもの家に縁側は使い勝手の悪い中途半端な濡れ縁として存在はしていました。

その場所、もっと居やすく心地いい場所にするために、かなり広めに取り、木材も家に対して横並びだった以前の状態から縦に板を敷き詰めるデザインにしました。

そして、家のなかから床は縁に至るまで段差なくフラットにすることで、家から続く縁側がさらにひろくゆったりと落ち着けるスペースにしました。

これはスペースのデザインと眼に見えるグラフィック(この場合メインは板目を縦にしたこと)を想像し整理できたからだと思います。

ディレクター伊藤

縁側

縁側での撮影風景

1 / 11

TOP