BLOG

Indesignの必須テクニック
ノンブルの作り方を覚えよう

Indesign(以下インデ)というと、グラフィックデザインをやっている方でも、取っ付きにくくて使い方が分からない!となることが多いと思います。しかし、イラレと比べて大量の画像を難なく処理できる点や、ページ制作と管理の面でとても優れたソフトです。特にカタログなどのフォーマット化されたページ物のお仕事では必須と言っても過言ではありません。そこで今回は、インデの便利テクニックのひとつ、ノンブルの作成方法について書いていきます。

ノンブルとは…

雑誌を始めとした書籍やパンフレット、カタログなどのページの隅っこにあるページ番号をノンブルといいます。これがあることによって現在何ページ目を開いているのかが分かり、どの情報が何ページにあるのかという検索にも、とても重要な役割を持ちます。

材料づくりと配置

見開きの状態のページを用意します。

ページパネルを開いて、「Aマスター」(マスターページが複数あればどれでもOK)をダブルクリック。マスターページへと飛びます。上の画像のようにAマスターが選択されていることを確認したら、ノンブル用のテキストボックスを見開きの左右に作ります。

今回、Aマスターで設定するノンブルなので、「A」と打ち込みます。同じ作業をもう片方のページでも行いましょう。これでノンブルを作成するための準備は完了です。

次に、テキストボックスの中身が選択された状態にして、画面の一番上のメニューにある「書式」から「特殊文字の挿入」 → 「マーカー」 → 「現在のページ番号」を実行します。一見すると何も変わっていないように見えるのですが…

一度マスターページから離れ、適当な見開きのページをダブルクリックして移動してみましょう。すると、自動的にページ数が割り振られたノンブルが現れているはずです。そして、これは全てのページに適用されています。イラレで同じことをやろうと思ったらすごく面倒ですよね(-q- )

なぜ自動で全てのページにノンブルが設定されるのか?

なぜノンブルが自動的に全ページに設定されるのか?それは、マスターページ上でノンブルの元になる材料を作って配置したからです。マスターページは、複数ページに渡って共通するフォーマット要素を、指定した範囲内で適用し、作業を効率化する機能です。

今回はAマスターのページで作業を行いましたが、この場合、ノンブルを設定したいページに対してAマスターが適用されていることが前提です。上の画像のように、各ページに割り振られているページ番号がページ数としてノンブルに反映されます。

マスターページの適用は、ページパネル右上のメニューから「マスターページを適用」を実行し、適用する範囲を設定してください。

もっと分かりやすく設定できると良いのですが…

ノンブルの設定はワンタッチでできないこともあり、過去自分がつまずいたポイントでもあったのでご紹介しました。これを覚えたらインデレベルが格段に上がると思います。初歩的かつ重要なテクニックですので使いまくってください!

Author : Switch 山本

1 / 11

TOP