BLOG

文字に柔らかい雰囲気を
角丸&墨溜まりの文字を作る

ポスターやチラシなどで、文字に柔らかさをあたえた表現をしたくなることは
ありませんか。文字の角を丸くすることで、優しさや柔らかさが見る人に伝わります。
メニューバー「効果」の中の「スタイライズ」の「角を丸くする」を使うと意図しない形状に
なってしまうことがあります。
ここでは、ちょっとした一手間でキレイに文字の角を丸くし、プラス、墨溜まりを作る方法を紹介します。

形を崩す事なく角丸の文字を作る

Illustratorで文字の角を丸めるとき、「効果」→「スタイライズ」→「角を丸くする」を
使用すると下の様に形が崩れてしまいます。

悲しくも形が崩れているSwitch

キレイな角丸の文字を作るには
文字を選択した状態で「効果」→「パス」→「パスのオフセット」
オフセットの数値によって角丸の大きさが変わります。
角の形状は「ラウンド」にしてください。

丸みを帯びたSwitch

「ウィンドウ」→「アピアランス」を開きます。
「パスのオフセット」を選択し、このアイコンをクリックして
「パスのオフセット」を複製します。

角が丸いが太すぎるSwitch

上段の「パスのオフセット」を選択し、
「オフセット」の数値を変えずにマイナスの数字にします。

ダイエットに成功した角の丸いSwitch

角の丸い文字の完成です。

墨溜まりの文字を作る

「パスのオフセット」を上と下で入れ替えます。

墨溜まりのある文字の完成です。

墨溜まりSwitch

角丸&墨溜まりの文字を作る

「パスのオフセット」を複製し3つにします。
「プラス値(1)」「マイナス値(2)」「プラス値(1)」
値は何でも結構です。
プラスの値がマイナスの値の半分になるようにします。
3つの値の合計がプラスマイナス0になればOKです。

デザイナーによって仕上げられたSwitch

この処理のいいところは、アウトラインをかけなくてもできるため
処理を保ったまま書体を替えたり、文字を打ち直したりできます。
また文字の大きさによって仕上がりが変わってきますので
数値を替えていろいろ試してみてください。

Author : スタッフM

グラフィックスタイル(テキストエフェクト)を駆使して、作業を時間短縮しよう

イラストレーターやフォトショップにはたくさんの便利な機能が備わっていますが、すべてを熟知し使いこなせているデザイナーはなかなかいないのではないでしょうか?
今回はそんな便利な機能の中のひとつ、グラフィックスタイルをご紹介します。

グラフィックスタイルとは?

グラフィックスタイルとは、再利用可能なアピアランス属性のセットです。グラフィックスタイルを使用すると、オブジェクトのアピアランスをすばやく変更できます。例えば、オブジェクトの塗りと線のカラーの変更、透明度の変更、効果の適用を一度に行うことができます。グラフィックスタイルを使用して適用したすべての変更は、完全に元に戻すことができます。(Adobeガイド参照)

グラフィックスタイルを使ってみると…

タイトルなどの作り込みには時間がかかりますが、予め用意したグラフィックスタイルを使用すれば設定を適応させるだけで、店頭で使えるようなポップやオシャレなロゴまで制作可能です。

反映のイメージ図

アピアランスで出来ているためアウトラインをする必要はなく、急なテキスト修正が発生した場合も打ち変えることができます。ライブラリへの登録も可能なので、集めたグラフィックスタイルは登録しておくとすぐに使えて便利です。
有料のものが多いですが、下記のようにフリーで配布しているサイトもいくつかあるため、一度調べてみることをオススメします。(グラフィックスタイルは「テキストエフェクト」と呼ばれることもあります)

グラフィックスタイルサンプル

参照元
http://graphicburger.com/3-illustrator-vintage-text-effects/
http://graphicburger.com/retro-text-effect-2/
https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=874071&word=&selected_format=e

Author : オブセ

Illustrator の文字、カーニングにも気を配る。
プラスαでこんなにも読みやすく、バランス良い仕上がりになります。

多くのデザイナーの皆さんは日々、Adobe Illustrator もしくはin Design を操作してデザインワークに勤しんでいると思います。
より素敵な仕上がりを目指し、絵作りやレイアウトはもちろんのこと、写真や配色までこだわって制作していることと思いますが、コピー(文字)に対してどこまで気を使っていますか?
ここでは普段から心掛け、一般的なフォントを使用した際にただの打ちっぱなしや設定のみではなく、全体的に施す「カーニング」と「プラスα」で見え方が変わる例をご紹介します。
※ただし、個性的なフォントや作字したものには当てはまらない事もあります…

設定だけである程度はキレイに見えるようになります。

写植を手で詰めて版下を制作していた世代の人間には作業の時間を大幅に減らしてくれるフォントの調節機能(設定)があるIllustrator はとっても便利。
設定だけである程度はキレイに見えるようになります。
例えば、下記のようなタイトルコピー。

kerning-1

設定「無し」、打ちっぱなしです。
少しだけ、設定を加えます。

kerning-2

全体にカーニングを「オプティカル」/トラッキングを「50」。
これだけで文字間バランスは格段に良くなります。
しかし、ここからが「プラスα」。

kerning-3

②の設定後に以下のようなカーニング調整をしています。

kerning-4

いかがでしょう。
このプラスαのキモは「ャ」と「!」です。
「ャ」の前後をツメ、「!」の前をツメて他に比べて「小さい」を解消する為に拡大。
ただし、まま拡大すると太くなってしまうのでフォントファミリーの中で1 つ細いフォントスタイルに変更。他は微調整のレベルです。
ファミリーの多いフォントを使用する場合、とても有効なテクニックだと思って実践しています。

逆にファミリーが少ない、もしくは無い場合は他のフォントを代用して違和感の無いように調整しています。
例えば、明朝体でもやってみます。

kerning-5

これが「欧文」と「数字」が混在したコピーになるとプラスαの幅がもう少し広がります。
次回はその混在コピー

kerning-6

で「カーニング・プラスα」をご紹介します。


ここまでの話は、あくまでも個人的なこだわりの部分です。
デザイナー人生の中で培ってきた主観と言いますか、気にならない人は全く平気だと思いますし、偉そうに「絶対にやらなきゃダメ!」なんて言いません。
ただ、慣れてしまえば、ほんの5 分程度で出来てしまいます。
分かる人には分かる。というレベルの話かもしれませんが細部にも気を使っているデザイナーだなって思ってもらえるささやかなテクニックですので、参考程度に読んでいただければ幸いです。

Author : t.y

1 / 11

TOP