BLOG

多治見モザイクタイルミュージアムを通して
建築家 藤森照信さんから学ぶ独創性

デザイン・シンキングやAI技術が話題の昨今、良い企画やデザイン提案をするためにみなさんは日頃どんな事をされていますか?

昨年2016年8月に今や世界的建築家の藤森照信さん建築のミュージアムが愛知県にオープンしたと知り、行って参りました。
その体験から感じたことは、人間にしか作り出せない根源的な創造力の力強さです。どんなジャンルであれおよそAIでは作り出せないであろう素晴らしい人間の創造物のご紹介をここでシェアすることで普段の企画・アイデア発案に役立てていきたいと思います。

今回は2016年6月にオープした愛知県多治見モザイクタイルミュージアムの、主に藤森照信さんのお仕事についてご紹介します。
ミュージアムへは、多治見駅発のバスに乗って向かいました。しばらくすると道がどんどん狭くなっていき、しまいには民家と民家の軒下ギリギリの中を通り、よく民家にぶつからないでこんな狭い道をバスが通ることができるものだなと感心すると同時に「こんな村のような場所に写真で見たあの巨大な建築物が本当にあるのだろうか?こんなに時間がかかって期待外れだったらどうしよう。」といった不安がピークに達する頃に、急に道が開けて坊主頭のような不思議な建物が現れます

事前に写真は見ていたものの巨大な土壁のファサードを目の当たりにすると、何とも不思議な感覚に陥ります。「なぜタイルミュージアムなのに土壁の山?」と思いますよね。
手前のエントランス部分の地面もフラットではなく、すり鉢状になっています。おまけに屋根部分に若い松の木が植えられています(笑)
公式ホームページによるとタイルの原料を掘り出す「粘土山」を思わせると書かれており、実際に採土場で粘土を掘り出した崖の上にこのような木が並んでいる光景が見られるそうです。
なるほど、確かに山へドライブに行った時に採土場らしき場所でこのような光景を見た事がありますが、決して美しいものではなくどちらかというと私は自然破壊しているようでネガティブな印象を持っていました。そういった風景を建築に活かしていく発想はなかなかできるものではないですよね。

そして、この巨大な土壁に対して入り口はとても小さな木の扉で、中の様子がさっぱり想像できないこともありワクワク感がさらに高まります。
ファサードにはタイルの大量生産のもとになったと言われる美濃焼の茶碗やタイルが埋め込まれており、「ああ、ここはモザイクタイルミュージアムの入り口だった」とふと現実に返ります。
受付をすませ土のトンネルのような階段を4階まで登りきると、真っ白い空間が広がります。ここは藤森氏がキュレーションしたタイルの部屋だそうで、吹き曝しで全国の銭湯や旅館から集めてきたモザイクタイルなどが展示されています。

さらに奥に進むと天井に丸い穴があいており、その穴からフロアまで「タイルのカーテン」が。

ミュージアムなのに吹き曝しで展示物は大丈夫なのか?!と心配になりますが、タイルは雨にさらされても水に強いので問題ないそうです。

ミュージアム=歴史的な展示物の大切に保管し展示する場所という概念が打ち破られました。流石です。

以下は3階から1階の展示物です。

誰がどのようなきっかけで藤森氏に建築を依頼したのか、非常に気になったのでミュージアムに問い合わせたところ、館長さんがもともとタイル会社の経営者の方で、藤森氏がその企業にタイルの事を以前問い合わせてこられたのがきっかけで、その後藤森氏の建築に館長さんが大変興味を持たれ依頼されたとの事だそうです。人並以上の熱意をもって建築に取り組んでいらっしゃる姿勢と作品の独自性に感心されたのでしょうか。一目見たら忘れられない独創性と話題性があり地域ブランディングにも持ってこいですよね。
『縄文建築』と呼ばれる藤森氏の建築は、今後ますます「ガラスと鉄とコンクリートの箱が立ち並ぶ風景に慣れてしまった私達」に、日本人の創造力の根底に流れるものを呼び起こしてくれるきっかけになっていくと思います。

次回は、現在六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催されている『野生展』と京都の苔寺のレポートを通して、AIでは作り出せないであろう人間の素晴らしき創造物から学ぶ独創性を紹介をさせて頂く予定です。

ディレクター 齋藤真弓

.

.

*建 築 家・藤 森 照 信
1946年長野県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。専攻は近代建築、都市計画史。東京大学名誉教授。東北芸術工科大学客員教授。東京都江戸東京博物館館長。86年、赤瀬川原平や南伸坊らと「路上観察学会」を発足。91年<神長官守 矢史料館>で建築家としてデビュー。97年には<赤瀬川原平邸(ニラ・ハウス)>で日本芸術大賞、2001年<熊本県 立農業大学校学生寮>で日本建築学会賞を受賞。他、『ラ コリーナ近江八幡』、『鸛庵(こうのとりあん)』、『高過庵』などがある。

*トラックバック/参考書籍
多治見市モザイクタイルミュージアム公式サイト
http://www.mosaictile-museum.jp/
X-Knowledge HOME Vol.8 2007年
CASA BRUTUS
https://casabrutus.com/architecture/23132
コトバンク
https://kotobank.jp/word/%E8%97%A4%E6%A3%AE%E7%85%A7%E4%BF%A1-1105650 

TOP