BLOG

Photoshopの切り抜きパスをIllustratorで簡単に使用する方法

Photoshopで切り抜いた写真やイラストに、Illustrator上で加工を加えたいときに、また同じ形のオブジェクトを作るのは面倒ですし時間がかかりますね…。そんなときのために、Illustratorで簡単にパスを使用できる方法をご紹介いたします!

Photoshopで画像を切り抜こう!

使用したい画像を用意し、Photoshopのパスツールを使って画像を切り抜きます。切り抜いた後、パスを「クリッピングパス」に変換して、eps保存をしてください。次に、Illustratorでこの画像を配置しましょう!

Illustratorでパスを抜き出そう!

切り抜いた画像を、Illustratorの「ファイル」→「配置([リンク]にチェック有り)」で配置します。リンクパレットのメニューから「画像を埋め込み」を選択します。そうすると、Photoshopで切り抜いたパスが画像の周りに表示されます。


このままだと、画像にクリッピングマスクをかけた状態です。クリッピングマスクを解除・グループ解除をした後、埋め込んだ画像は消しましょう。これで、Photoshopで作ったパスがIllustratorで使用できるようになります!

色々と活用してみよう!

この方法が分かれば、様々なものに応用できます!

1.画像に影を付ける

リンクした画像に直接ドロップシャドウをかけてしまうと、何かの拍子で消えてしまう可能性があります。そうすると印刷事故になりかねません。そんな時は、切り抜き写真のパスにドロップシャドウをかければ安心です。

2.画像に境界線を付ける

[1]のやり方の応用です。画像の下に同じ画像をコピー&ペーストしてパスを抜き取り、そのパスの線に色を付けると、切り抜き画像に境界線を付けることができます。

3.同じパスでデザインを作る

同じ形・サイズのパスができるので、色々とデザインに活用できます。

4.ズレのない版を作る

印刷加工をする際に、加工を入れたい部分の版を作る必要があります。透明なものに印刷する時に必要な白版や部分ニス用の版は、デザインからずれてはいけません。同じ位置・サイズ・形のパスが簡単にできるこの方法を使えば、正しい版を作ることができます。

やってみると簡単なので、すぐに覚えることができると思います。データ作りやデザインにぜひ活用してみてください!

Author : スタッフN.Y

TOP