BLOG

作業効率化!使わなきゃもったいない!
Illustrator CC の便利な機能10 選(前半)

皆さんはIllustrator のバージョンは何を使っていますか?
私は去年までCS6 を使っていましたが、今年からCC へ切り替えました。
その際に「新しいバージョンはバグが多いから少し古いバージョンが無難」と教えてもらい、CC2015 をダウンロードし使用していました。

特に不便を感じたことはなかったのですが、知り合いデザイナーと話した際に便利な機能をいくつか教えてもらい、そんな機能の項目あったっけ?と調べてみたところ、新しいバージョンには使ったことも見たこともない便利な機能がたくさんありました!

そんな便利な機能の中でも、グラフィックデザイナーとウェブデザイナーに分けてオススメの機能をご紹介します。
前半はグラフィックデザイナーにオススメの5 選です。

※この記事を書いている1 月現在は、2017 年10 月の(バージョン 22.0)が最新となります。

グラフィックデザイナーにオススメの機能5 選

1. 自動的にダミー文章が入る

機能というよりはCC2017 以降のデフォルトです。
上記のように文字ボックスを作ると自動的にダミー文章が流し込まれます。
もちろん環境設定でダミー文章が流し込まれないようにも設定できます。
こんなに便利な機能がデフォルトになっていたなんて知りませんでした…。
随所に改行も入っているので実際に文字を流し込んだときの状態が想像しやすいですね。

2. フォントのライブプレビュー

これもCC2017以降のデフォルトです。
タイトルのフォントは何にしよう?というとき、今までは実際にフォントを選んで比較しなければいけませんでしたが、マウスオーバーするとアートボード上で反映されるようになりました!すごく便利!
同フォントでウェイトを変えたいときもマウスオーバーでしっかり反映されます〜!
ただライブプレビューを使用しているため、フォント数が多い場合やスペックの低いPCは少し動きが重くなるかもしれません。

3. フォントのお気に入りとフィルター

これもCC2017以降のデフォルトです。
タイトル通りフォントを最左部でお気に入りに登録することができます。
よく使うフォントや案件ごとに使用しているフォントを覚書するのにいいですね。
また、欧文フォントのみですが上記フィルターでフォントの種類を絞ることができます。
和文フォントでも使えるようになってほしいですね…。

4. アートボードの設定強化

CC2018以降の機能強化です。
基本的にアートボードはひとつしか使わない人がほとんどだと思いますが、企画書やラフの制作で時々使うことがありますよね。
その時不便だなと思っていたのはアートボードがひとつずつしか選択できないことでした。
全部のアートボードサイズを変更したいのにひとつずつ入力しなければいけなかったり、間隔を揃えたいのに揃ってくれなかったり…。
それが今回改善されました!左ツールバーから「アートボードツール→Shiftを押しながら各アートボードを選択」。サイズ変更もすべてに反映されますし、上記のようにプロパティから整列させることができます。
使う機会は少ないかもしれませんが綺麗にデータが作れるのは嬉しいですね。

5. デザインのテンプレート化

CC2017以降の新機能です。
テンプレートを事前に登録し、新規ドキュメントで使用することができます。
例えばデザインが毎回同じで文章や写真のみが変わる媒体の場合、デザインとダミー文章とダミー画像で組まれたものをテンプレートに登録しておけば、過去の入稿データを使用せずに「イラレ→ファイル→テンプレートから新規」でワンクリックで開くことができます。
過去の入稿データを使用するリスクとして、スウォッチに何もなかったり、レイヤーがぐちゃぐちゃになっていたり、文章の差し替え忘れで先祖返りを起こしたりと心配な点が多くあるため、綺麗な状態から制作を始められるのはすごく安心できます。
また、よく作るA4チラシやパンフレットの場合、上記のようなテンプレートを予め作っておけば、ワンクリックするだけでデザインを行う前の準備が整います。
「トンボ・ガイド線・スウォッチ・レイヤー」すべてが保持された状態なので、このテンプレートデータを社内で共有すれば、人によって作り方が違う!ということも緩和されると思います。
テンプレートデータはアプリケーションの中に保存されているため(パターンやブラシなどと同じ場所)、社内で共有した際に間違えてテンプレートファイルを上書きしてしまった!という問題も起こりません。
いつもトンボから作っていた私にとってはかなり嬉しい機能です…!

あとがき

いかがでしたでしょうか?
ついつい使い慣れているバージョンのままにしがちですが、
新しいバージョンには作業時間を短縮させるためのツールがたくさんあります。
使用するパソコンのスペックとの相性などもありますが、
案件によって使い分けるのもひとつの手ですね。
次回はウェブデザイナーにオススメのツール5選をご紹介します。

Author : オブセ

TOP