BLOG

グラフィックスタイル(テキストエフェクト)を駆使して、作業を時間短縮しよう

イラストレーターやフォトショップにはたくさんの便利な機能が備わっていますが、すべてを熟知し使いこなせているデザイナーはなかなかいないのではないでしょうか?
今回はそんな便利な機能の中のひとつ、グラフィックスタイルをご紹介します。

グラフィックスタイルとは?

グラフィックスタイルとは、再利用可能なアピアランス属性のセットです。グラフィックスタイルを使用すると、オブジェクトのアピアランスをすばやく変更できます。例えば、オブジェクトの塗りと線のカラーの変更、透明度の変更、効果の適用を一度に行うことができます。グラフィックスタイルを使用して適用したすべての変更は、完全に元に戻すことができます。(Adobeガイド参照)

グラフィックスタイルを使ってみると…

タイトルなどの作り込みには時間がかかりますが、予め用意したグラフィックスタイルを使用すれば設定を適応させるだけで、店頭で使えるようなポップやオシャレなロゴまで制作可能です。

反映のイメージ図

アピアランスで出来ているためアウトラインをする必要はなく、急なテキスト修正が発生した場合も打ち変えることができます。ライブラリへの登録も可能なので、集めたグラフィックスタイルは登録しておくとすぐに使えて便利です。
有料のものが多いですが、下記のようにフリーで配布しているサイトもいくつかあるため、一度調べてみることをオススメします。(グラフィックスタイルは「テキストエフェクト」と呼ばれることもあります)

グラフィックスタイルサンプル

参照元
http://graphicburger.com/3-illustrator-vintage-text-effects/
http://graphicburger.com/retro-text-effect-2/
https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=874071&word=&selected_format=e

Author : オブセ

TOP