BLOG

文字に柔らかい雰囲気を
角丸&墨溜まりの文字を作る

ポスターやチラシなどで、文字に柔らかさをあたえた表現をしたくなることは
ありませんか。文字の角を丸くすることで、優しさや柔らかさが見る人に伝わります。
メニューバー「効果」の中の「スタイライズ」の「角を丸くする」を使うと意図しない形状に
なってしまうことがあります。
ここでは、ちょっとした一手間でキレイに文字の角を丸くし、プラス、墨溜まりを作る方法を紹介します。

形を崩す事なく角丸の文字を作る

Illustratorで文字の角を丸めるとき、「効果」→「スタイライズ」→「角を丸くする」を
使用すると下の様に形が崩れてしまいます。

悲しくも形が崩れているSwitch

キレイな角丸の文字を作るには
文字を選択した状態で「効果」→「パス」→「パスのオフセット」
オフセットの数値によって角丸の大きさが変わります。
角の形状は「ラウンド」にしてください。

丸みを帯びたSwitch

「ウィンドウ」→「アピアランス」を開きます。
「パスのオフセット」を選択し、このアイコンをクリックして
「パスのオフセット」を複製します。

角が丸いが太すぎるSwitch

上段の「パスのオフセット」を選択し、
「オフセット」の数値を変えずにマイナスの数字にします。

ダイエットに成功した角の丸いSwitch

角の丸い文字の完成です。

墨溜まりの文字を作る

「パスのオフセット」を上と下で入れ替えます。

墨溜まりのある文字の完成です。

墨溜まりSwitch

角丸&墨溜まりの文字を作る

「パスのオフセット」を複製し3つにします。
「プラス値(1)」「マイナス値(2)」「プラス値(1)」
値は何でも結構です。
プラスの値がマイナスの値の半分になるようにします。
3つの値の合計がプラスマイナス0になればOKです。

デザイナーによって仕上げられたSwitch

この処理のいいところは、アウトラインをかけなくてもできるため
処理を保ったまま書体を替えたり、文字を打ち直したりできます。
また文字の大きさによって仕上がりが変わってきますので
数値を替えていろいろ試してみてください。

Author : スタッフM

1 / 11

TOP